腎臓病の症状を抑制するために!宅配弁当で毎日快適に食事療法遂行

男性

タンパク質少なめのもので

シニア女性

腎臓病で食事療法を行なう際には、アルコールを摂取してはいけないという印象を受けてしまいます。なぜなら、飲酒をすると血圧が上昇してしまい、腎臓に負担をかけてしまうおそれがあるからです。だからといって、腎臓病を患ったという理由で、今まで会社や友達との飲み会を断ってきていませんか。実は、腎臓病になったとしても、飲酒をしてはいけないというルールはありません。お酒を飲んではいけない人は、肝臓病を引き起こしている人、血糖値や血圧値が高めになっている人です。それらの症状を抑制するための管理が行き届いていない人も該当します。ちゃんと血糖値や血圧値の管理が行き届いていて、肝臓にまで疾患を引き起こしていなければ、問題なく飲めます。ただし、制限付きで大量に飲み過ぎると、症状を悪化させる危険性もあるので、ガブガブ飲むのは避けたほうがいいです。あくまで適量を意識して飲めば、体調をくずす心配も少ないです。

腎臓病の食事療法中でも、問題なくお酒が飲めるといっても、ちゃんとお酒の種類を選んでから飲んだほうがいいです。なぜなら、お酒の中にも、タンパク質が含まれているものがあるからです。出来るだけ、タンパク質が多く含まれない、焼酎やウィスキー、ブランデー、ウォッカを優先的に飲むのがおすすめです。タンパク質が少ないどころか、腎臓病の食事療法に必要不可欠なエネルギーが豊富に含まれているのです。それらを、たしなむ程度に飲むようにすれば、腎臓病の食事療法中でも、飲み会を楽しめるのは間違いありません。